今中国で起きている事#9月16日追記


今回は、ここ最近おきている中国における原料問題について書いておきます。

エクステの原材料は、もちろん人毛です。昔は中国国内を中心に原材料を調達していましたが、急速な経済成長とともに中国国内での調達が難しくなり、現在はインド・ミャンマーなど国外から人毛は調達しています。


大きな工場では、原材料のストックをきちんとしていて、安定供給ができるようにしています。しかしながら、銀行借り入れができない工場や、信用がなく現金買い付けしかできない工場は在庫をもつことが厳しい状況です。ここにきて、コロナの影響が各工場に厳しい状況においこんでいます。


弊社にお問合せいただく内容で、最近多くなっているのは他社さんで在庫がないというものでした。なぜそんなことになっているのかの、考えうることの1つとして以下があげられます。


インドと中国との国交の悪化や人の行き来が制限されているために、原材料が工場に入らなくなっているのです。簡単に言えば、エクステを作るための毛が工場になくなっています。


この影響は弊社以外のエクステメーカーにも思いっきりでています。在庫がない、急速な毛質の悪化(いままで商品として使わなかった悪い毛でも使わなければしかたない状況)、値上げといった事態をまねいています。


この状況は、しばらく続く可能性があります。弊社は財務的にも、海外から信用力もある工場との完全提携で営業させていただいてますので、安定した毛質で在庫も豊富にもっておりますので、お取引サロン様は安心してご商売いただければと思います。


#追記 原材料について新しい情報が入りました。現在エクステに使用される毛髪はインド、中国、インドネシア、ミャンマー、ベトナムなどの国から輸入されています。中でもインド、ミャンマーからの輸入率が近年高くなっていますが、ミャンマーからの毛髪の輸入が、コロナの影響で困難になっているそうです。これにより、小さな工場や信用のない工場では更に原材料の仕入れが困難になります。今すぐに、日本の各メーカーに影響があるというわけではないかもしれませんが、間違いなく今後影響はでてくると思われます。